Loeyy
 

「人生でやりたい100の夢リスト」でもっとワガママに生きる!(テンプレート付き) | 4 Jornal;) | Save My Life, Life Hacks, Notebook

やりたいこと100夢リストを書いてみたらは、私の「わがままリスト」ができました。 100の夢リストとは、名前のとおり「自分の人生でやってみたいことを好き勝手に100個あげたリスト」。 現実を無視して好き勝手にやりたいこと、気持ちよくなれること、ワクワクすること、理想の状態だけを書き出した、我慢ゼロ、わがまま書き放題のリストです。 今回100の夢リストを作ってみて、無意識に「どうせ私には無理だと我慢したり諦めてしまっていること」が多いことに気がついてびっくり。 挑戦する前から諦めていては、絶対に理想の生活は実現しませんよね。 アラフォーで気がついたのはちょっと遅いかも!人生損してた気分です。これから取り戻すぞー!! 「もっとワガママに生きたい!」 「欲しいものは全部手に入れたい!」 我慢しない自分を書き出すことで、もっと自分の願望とか希望に素直に生きていいんだなと、自分自身の幸せを認めてあげることができました。 もっと早く100の夢リストを作っておけばよかった。 100の夢リストでは、どんなにわがままになっても誰にも迷惑かけませんから、思いっきりワガママになって書いてくださいね。 (Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはサイトポリシーをお読みください。) 100の夢リストを書いてよかったこと 100の夢リストを書いて1ヶ月たちました。この1ヶ月で夢リストを書いてよかったなと思ったことは3つです。 1.夢ややりたいことがはっきりした リストに書くことで、やってみたいなーとぼんやり思っていたことが、はっきりと「やりたいこと」になりました。 自分の夢が目に見えるイメージになったんですね。 これ、今できるじゃん!すぐやろう!とか、これを実現するには、今するべきことは何?と、常に自分が「やりたいこと」を意識するようになりました。 これって、まさにLaw of attraction(引き寄せの法則)! 引き寄せの法則とは 自分が注意と意識とエネルギーを向けるものは、良いものも悪いものも全て、自分の人生に引き寄せられる です。 気持ちの奥にあった夢とかやりたいことは、言葉にして意識すると実現しやすくなります。 自分の「やりたいこと」に簡単に意識とエネルギーを向けられる100リスト、作らないともったいないですよね。 これは、引き寄せの法則のステップ1「自分の願望をはっきりさせる」です! 2.毎日が楽しくなった リストがあると「こんなにやりたいことがある!」と前向きになりました。 やりたいことをやっている自分、夢を達成した私を想像するとすごくワクワクしてきます。 「今度は何をしよう?」 「これはいつやろう?」 「これ、今すぐできるじゃん!」 とかリストを見ながら思うだけでも楽しくなりました。 これは、引き寄せの法則のステップ2「自分の願望に注意を向ける」ことなんですよね。 3.行動が変わった リストをつくる前と後では行動が変わりました。 このリストは私にとってはとっては長期的な人生の楽しいTo Do List。 空いた時間があれば、ひとつでもこの100リストを実現するために使いたい。 なにかに迷ったときは、このリストに書いたことを実現するような方向で行動するようになりました。 日々の行動が変わる!これが「100の夢リスト」のパワーです。 100の夢リストをブログで公開する理由 この夢リストは超個人的なこと、私的なことです。それをわざわざブログで公開するのは、次の3つの理由からです。 リストを管理しやすい ブログに公開する理由の一番大きな理由は、リストを管理しやすいから。 ブログに書いていおくと、リストをなくすこともありません。追加や編集も簡単です。さらにやったことを記事に書けば記録にもなりますし。 いつでもリストを見直しやすいのもブログで公開するメリットの一つです。 100リストの存在に意識が向きやすい 有言実行ではないですが、ブログに公開することでよい100のリストを実現しようという気持ちが強くなります。 100リストの存在感が自分の中で大きくなる感じですね。より自分の注意と意識とエネルギーが100リストにより向けられる。 つまり、引き寄せの法則が働きやすくなる! せっかくのリストなら、引き寄せのパワーを使いたいですから。 読んだ人が前向きになれたり、勇気が出る 他の人の100リストを読ませてもらうだけでも、私は気持ちが前向きになりました。 しかもしっかり実現されているのを見ると「私もリストを作って前向きに頑張ろう!」というやる気までもらっています。 私のリストを見た人が、少しだけ前向きになれたらいいなと思います。 100の夢リストってすごく良い記事ですよね。ブロガーさんどうしをつなげたり、誰かの勇気のもとになったり。 雑記ブロガーさんには100の夢リスト、書いてみてくださいね。 自分を振り返る30の質問 そもそもやりたいことが分からない人は、自分を振り返る30の質問に答えてみてください。やりたいこと、本当に望んでいることのヒントが見えてきますよ。 1日5分で今の自分を振り返る30の質問【30日チャレンジ No.1】 100の夢リストの作り方 100の夢リストに決まった作り方はありませんが、せっかくなので「引き寄せの法則」がより効果的に働くような作り方がおすすめです。 1.やりたいことを書き出す 100リストなので100個を目指してやりたいことを書き出します。最初はおもいつくまま、好きなように書き出します。 手書きで雑ですみません!!こんな感じでどんどんバレットジャーナルに書き出しました。 今の自分では無理だと思うこともどんどん書いてください。 これってワガママ?都合よすぎ?というようなことも、どんどん書き出してください。具体的でも抽象的でもOKです。 やりたくないこと、嫌なことが思い浮かんだら、じゃあ私が本当に望んでいることはなんだろう?と反対を考えてみてくださいね。 ポイントは、ワクワクすることだけ書き出すこと。 このリストはやるべきこと、やらないといけないことではありません。リストを見た時にいつでもワクワクやトキメキを感じるものにしてくださいね。 100個を書き出す前にこれ以上出てこない!となったら、他の人のリストを参考にすると、やりたいことのアイデアがもらえますよ。 いろいろな女性ブロガーさんの100の夢リストを紹介します。 100の夢リストのリンク 「人生でやりたい100のリスト」を作ったら、今すぐやるべきことが見えてきた(ローズマリーさん) 【モチベーションアップ】人生でやりたいこと100リストを書いてみた!(りとやんさん) 「やりたいこと100リスト」をつくったので、こつこつ全部叶えていく(ていないさん) アラフォー主婦が「人生でやりたい100の夢リスト」で夢をかなえる(みゆゆさん) 【企画】2018年のやりたいことリスト100個を書いてみました。(いもこさん) バカにしていた[夢リスト100個]を改めて書いて公開します(ひじりこさん) 2.引き寄せの法則を使う 100の夢リストと引き寄せの法則はすごく相性がよいです。せっかくの100リスト、引き寄せの力をかりて一つでも多くの「やりたいこと」を引き寄せましょう! 望まないことではなく望むものを書く 「~をしない」「~ない」という否定の言葉ではなく「自分が望んでいるもの」を書く。 「~をしない」「~ない」という言葉を使うと、「望んでいないこと」に注意と意識とエネルギーを向けてしまいます。 例えば「老後もお金の心配をしていない」は、「老後も安心して暮らせる十分な資産がある」というふうに、本当に望んでいることを言葉にします。 達成したこととして書く やりたいことのうち達成した自分をイメージできるものは「~をした」と達成した過去形で書きます。例えば、「母親と台湾旅行に行きたい」であれば、「母親と台湾旅行に行った」と書きます。 また理想の状態をイメージしているなら「~をしている」と現在形にします。「健康に生活したい」なら「健康に生活している」と書きます。 自分が信じられる言葉で書く リストに書いたけど、ちょっと無理かもしれない。今の現実とのギャップが大きすぎて、達成しているところをイメージできない。「~をした」「~している」と書くとウソっぽく感じる。 そんな時は、「~をしている最中だ」とか「理想の~を目指して努力している」とあえて夢への実現過程のことを一つ追加します。 たとえば、今パートナーとの関係に問題を感じてどうにか改善したいと思っている人は、「パートナーと理想的な関係を築いている」と書くと現実とのギャップが大きすぎてウソっぽく感じてしまう(まさに私です)。 そんな時は「パートナーと理想の関係を築く努力をしている」と、理想までの過程を追加します。 「ブログの収入100万円を達成した」はちょっと無理だなーと思う時は、ブログの収入1万円を達成した。10万円を達成した。と手に届きそうなステップもリストに入れます。 ポイント 自分でやりたいことが実現したことが信じられるように、夢への過程も書く。

「人生でやりたい100の夢リスト」でもっとワガママに生きる!(テンプレート付き) | 4 JORNAL;) | Save my life, Life hacks, Notebook

やりたいこと100夢リストを書いてみたらは、私の「わがままリスト」ができました。 100の夢リストとは、名前のとおり「自分の人生でやってみたいことを好き勝手に100個あげたリスト」。 現実を無視して好き勝手にやりたいこと、気持ちよくなれること、ワクワクすること、理想の状態だけを書き出した、我慢ゼロ、わがまま書き放題のリストです。 今回100の夢リストを作ってみて、無意識に「どうせ私には無理だと我慢したり諦めてしまっていること」が多いことに気がついてびっくり。 挑戦する前から諦めていては、絶対に理想の生活は実現しませんよね。 アラフォーで気がついたのはちょっと遅いかも!人生損してた気分です。これから取り戻すぞー!! 「もっとワガママに生きたい!」 「欲しいものは全部手に入れたい!」 我慢しない自分を書き出すことで、もっと自分の願望とか希望に素直に生きていいんだなと、自分自身の幸せを認めてあげることができました。 もっと早く100の夢リストを作っておけばよかった。 100の夢リストでは、どんなにわがままになっても誰にも迷惑かけませんから、思いっきりワガママになって書いてくださいね。 (Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはサイトポリシーをお読みください。) 100の夢リストを書いてよかったこと 100の夢リストを書いて1ヶ月たちました。この1ヶ月で夢リストを書いてよかったなと思ったことは3つです。 1.夢ややりたいことがはっきりした リストに書くことで、やってみたいなーとぼんやり思っていたことが、はっきりと「やりたいこと」になりました。 自分の夢が目に見えるイメージになったんですね。 これ、今できるじゃん!すぐやろう!とか、これを実現するには、今するべきことは何?と、常に自分が「やりたいこと」を意識するようになりました。 これって、まさにLaw of attraction(引き寄せの法則)! 引き寄せの法則とは 自分が注意と意識とエネルギーを向けるものは、良いものも悪いものも全て、自分の人生に引き寄せられる です。 気持ちの奥にあった夢とかやりたいことは、言葉にして意識すると実現しやすくなります。 自分の「やりたいこと」に簡単に意識とエネルギーを向けられる100リスト、作らないともったいないですよね。 これは、引き寄せの法則のステップ1「自分の願望をはっきりさせる」です! 2.毎日が楽しくなった リストがあると「こんなにやりたいことがある!」と前向きになりました。 やりたいことをやっている自分、夢を達成した私を想像するとすごくワクワクしてきます。 「今度は何をしよう?」 「これはいつやろう?」 「これ、今すぐできるじゃん!」 とかリストを見ながら思うだけでも楽しくなりました。 これは、引き寄せの法則のステップ2「自分の願望に注意を向ける」ことなんですよね。 3.行動が変わった リストをつくる前と後では行動が変わりました。 このリストは私にとってはとっては長期的な人生の楽しいTo Do List。 空いた時間があれば、ひとつでもこの100リストを実現するために使いたい。 なにかに迷ったときは、このリストに書いたことを実現するような方向で行動するようになりました。 日々の行動が変わる!これが「100の夢リスト」のパワーです。 100の夢リストをブログで公開する理由 この夢リストは超個人的なこと、私的なことです。それをわざわざブログで公開するのは、次の3つの理由からです。 リストを管理しやすい ブログに公開する理由の一番大きな理由は、リストを管理しやすいから。 ブログに書いていおくと、リストをなくすこともありません。追加や編集も簡単です。さらにやったことを記事に書けば記録にもなりますし。 いつでもリストを見直しやすいのもブログで公開するメリットの一つです。 100リストの存在に意識が向きやすい 有言実行ではないですが、ブログに公開することでよい100のリストを実現しようという気持ちが強くなります。 100リストの存在感が自分の中で大きくなる感じですね。より自分の注意と意識とエネルギーが100リストにより向けられる。 つまり、引き寄せの法則が働きやすくなる! せっかくのリストなら、引き寄せのパワーを使いたいですから。 読んだ人が前向きになれたり、勇気が出る 他の人の100リストを読ませてもらうだけでも、私は気持ちが前向きになりました。 しかもしっかり実現されているのを見ると「私もリストを作って前向きに頑張ろう!」というやる気までもらっています。 私のリストを見た人が、少しだけ前向きになれたらいいなと思います。 100の夢リストってすごく良い記事ですよね。ブロガーさんどうしをつなげたり、誰かの勇気のもとになったり。 雑記ブロガーさんには100の夢リスト、書いてみてくださいね。 自分を振り返る30の質問 そもそもやりたいことが分からない人は、自分を振り返る30の質問に答えてみてください。やりたいこと、本当に望んでいることのヒントが見えてきますよ。 1日5分で今の自分を振り返る30の質問【30日チャレンジ No.1】 100の夢リストの作り方 100の夢リストに決まった作り方はありませんが、せっかくなので「引き寄せの法則」がより効果的に働くような作り方がおすすめです。 1.やりたいことを書き出す 100リストなので100個を目指してやりたいことを書き出します。最初はおもいつくまま、好きなように書き出します。 手書きで雑ですみません!!こんな感じでどんどんバレットジャーナルに書き出しました。 今の自分では無理だと思うこともどんどん書いてください。 これってワガママ?都合よすぎ?というようなことも、どんどん書き出してください。具体的でも抽象的でもOKです。 やりたくないこと、嫌なことが思い浮かんだら、じゃあ私が本当に望んでいることはなんだろう?と反対を考えてみてくださいね。 ポイントは、ワクワクすることだけ書き出すこと。 このリストはやるべきこと、やらないといけないことではありません。リストを見た時にいつでもワクワクやトキメキを感じるものにしてくださいね。 100個を書き出す前にこれ以上出てこない!となったら、他の人のリストを参考にすると、やりたいことのアイデアがもらえますよ。 いろいろな女性ブロガーさんの100の夢リストを紹介します。 100の夢リストのリンク 「人生でやりたい100のリスト」を作ったら、今すぐやるべきことが見えてきた(ローズマリーさん) 【モチベーションアップ】人生でやりたいこと100リストを書いてみた!(りとやんさん) 「やりたいこと100リスト」をつくったので、こつこつ全部叶えていく(ていないさん) アラフォー主婦が「人生でやりたい100の夢リスト」で夢をかなえる(みゆゆさん) 【企画】2018年のやりたいことリスト100個を書いてみました。(いもこさん) バカにしていた[夢リスト100個]を改めて書いて公開します(ひじりこさん) 2.引き寄せの法則を使う 100の夢リストと引き寄せの法則はすごく相性がよいです。せっかくの100リスト、引き寄せの力をかりて一つでも多くの「やりたいこと」を引き寄せましょう! 望まないことではなく望むものを書く 「~をしない」「~ない」という否定の言葉ではなく「自分が望んでいるもの」を書く。 「~をしない」「~ない」という言葉を使うと、「望んでいないこと」に注意と意識とエネルギーを向けてしまいます。 例えば「老後もお金の心配をしていない」は、「老後も安心して暮らせる十分な資産がある」というふうに、本当に望んでいることを言葉にします。 達成したこととして書く やりたいことのうち達成した自分をイメージできるものは「~をした」と達成した過去形で書きます。例えば、「母親と台湾旅行に行きたい」であれば、「母親と台湾旅行に行った」と書きます。 また理想の状態をイメージしているなら「~をしている」と現在形にします。「健康に生活したい」なら「健康に生活している」と書きます。 自分が信じられる言葉で書く リストに書いたけど、ちょっと無理かもしれない。今の現実とのギャップが大きすぎて、達成しているところをイメージできない。「~をした」「~している」と書くとウソっぽく感じる。 そんな時は、「~をしている最中だ」とか「理想の~を目指して努力している」とあえて夢への実現過程のことを一つ追加します。 たとえば、今パートナーとの関係に問題を感じてどうにか改善したいと思っている人は、「パートナーと理想的な関係を築いている」と書くと現実とのギャップが大きすぎてウソっぽく感じてしまう(まさに私です)。 そんな時は「パートナーと理想の関係を築く努力をしている」と、理想までの過程を追加します。 「ブログの収入100万円を達成した」はちょっと無理だなーと思う時は、ブログの収入1万円を達成した。10万円を達成した。と手に届きそうなステップもリストに入れます。 ポイント 自分でやりたいことが実現したことが信じられるように、夢への過程も書く。

 
⚠ We use Cookies on our website to enhance your browsing experience. You can read how we use Cookies on our Privacy Policy.
Loeyy © 2019 All Rights Reserved. Foop! Funny Videos
NOTE: All contents on this website has been created with the permission of content owners from Youtube, Facebook, Pinterest and other sites..